無料ブログはココログ

« 家庭用プリンターの、ていたらく(怒) | トップページ | 早く大人になってよかった »

2018年7月22日 (日)

62歳の諦観

今日は自分の誕生日で、62歳になった。

この年齢になると、とくに感慨もない。ただ、自分の年代は62歳から年金一部支給となる。これから手続きをして実際に入金が始まるのは4カ月くらい先らしいが、退職してから貯金の取り崩しが心細かったので、金銭面では少し余裕ができるのが嬉しい。

それとて、今後年金システムがこれまで通り運営されるとは思えないので、一時しのぎだとは思っている。

それも含めて、政治に関する愚痴をいくつか。

カジノ法案が可決され、ギャンブル依存症のことが気になる。同じ依存症患者として、アルコールで苦労しているだけに、政府の提示する案は絵空事に思える。聞くところによると、カジノ業界の支援を受けているトランプ大統領からの圧力があり、可決を急いだとか。

猛暑が続いているが、こんな気候の7月に東京オリンピックをひらくという。2年後急に寒冷化するとも思えない。私が小学校の時の東京オリンピックは10月開催だった。10月の「体育の日」の祝日は、それを記念したものだと覚えている。聞くところによると、アメリカのメディアの希望というか強要だとか。だから競技の時間帯も東京ではなく、アメリカ時間に合わせるものが多いとか。

まあ、すべて伝聞にもとづくものだし、この場で政府批判を展開してもどうなるものでもない。

ただ、62歳ともなると、日本はかつて戦争に負け、実質的にはアメリカの占領地になったのだと認識するくらいには、世界が見えてくる。そして、アメリカという大国が、そろそろ衰退をはじめているということも。それはイコール、日本の衰退なのである。異論はあるだろうが、単純に言えば。

この先、日本という国に住む人は、さまざまな苦労、矛盾を抱えて生きることになる。これまで以上に。そういうふうに、世界はまわっているのだ。むしろ昭和後半から平成にかけての日本に生まれたことは、途方もない幸運だったと思った方がいい。バブルとか災害とかはあったにせよ、平和で、金銭的に発展してきたことは間違いない事実なのだ。もし同時代の北朝鮮に、アフガンに、生まれたらと考ええてみるといい。

さて。私個人のことで考えると、無事逃げおおせるのだろうか。たぶん平均寿命まで生きたら、大地震とか年金破たんとかで苦しい最期になるのではないか。

だから、長生きもしたくないなあ。

以上、誕生日に考えたことでした。ちゃんちゃん。

« 家庭用プリンターの、ていたらく(怒) | トップページ | 早く大人になってよかった »

コメント

私は、現行65歳支給の最初の年代です。
前改革の60歳から段階的に65歳と同じように再度
段階的に70歳へ移行するのでしょう。
厚生なら20年、厚生+国民なら25年が、現在10年で受給資格となっているようですが、これは年金の延命ですね。10年でお幾らもらえるのでしょう?
配当の為に加入を増やすタコ足ファンドに感じます。
本日で、断酒丸4年と2カ月目に入りました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 62歳の諦観:

« 家庭用プリンターの、ていたらく(怒) | トップページ | 早く大人になってよかった »

最近のトラックバック

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31